学生ローンを利用する時の審査のタイミング

学生ローンを利用する時の審査のタイミング

審査を受けるタイミングも工夫するとよい(女性/40代)

銀行の借入をする時にはタイミングを注意しておくと審査に落ちる可能性を減らせます。特に、過去の信用をチェックして半年以内に公共料金の支払いを遅れて支払ったことがあればしばらくは審査に通過できないと考えたほうが良いです。事故情報として記載されていればその分信用情報に傷がついてしまうので審査を受けるときには事前にチェックしておきましょう。

 

忘れてしまっている可能性もあるので絶対の自信があってもさかのぼって確認しましょう。審査に通過した場合でも借り入れをする時には少し注意をしておくとよいです。一番最初や利用から1年程度であれば心配はないですが、2年から3年がちょうど経とうとしている頃に借り入れをするとちょうど更新の時期に借り入れてしまう場合もあります。

 

借り入れの後すぐに追加の借入ができなくなればそれだけ計画的に利用できなくなる場合もあるので、利用するときには更新の時期も確かめましょう。返済期間中は解約することもできず、新たに契約をしようとしてもその借入のせいで審査に通れないことも多いです。更新の時に審査に通過できなければ他の金融機関もしっかりその情報をチェックしているので、利用者にとってはかなり不利な状況になります。

 

実際に、私自身が更新時期の借入をして更新審査に通過できずにかなり大変な状態になったので注意しましょう。クレジットカードも突然停止されてしまうと復活するのは非常に難しいものです。信用を取り戻すには2年ほどかかったので十分気を付けておきましょう。

 

支払い遅れがあったときは覚えておくべき

公共料金と信用情報の関係

公共料金の支払いが通常通りできていれば信用情報に問題として記載されることはまずありません。口座引き落としで遅れても、次の月に振り込み用紙を使って支払っているのであれば、信用情報に大きく記載されることもなく、自己情報にはされない場合が多いです。

 

しかし、3か月以上支払いをしないでいると水道でも電気でも止められてしまうのと同じように、信用情報には事故情報が記載されます。電気もガスも無料でもらえているわけではないので、支払いが遅れたり、支払いをしなかったりすればそれだけで信用情報は傷だらけになります。

 

この状態はお金を貸す側としては支払い能力がないと判断するため、借り入れを許すわけにはいきません。公共料金や携帯料金もこの信用にかかわってくるので、日頃からしっかりお金の支払いを遅らせないようにしてください。

 

携帯料金にも注意

携帯電話やスマートフォンを購入すると端末代金と月々の携帯の利用金額が合わさって請求されます。端末代金未納の状態で3か月以上も支払いが遅れれば当然、公共料金と同じように事故情報として記載が残ります。もちろん、携帯の利用もできなくなり、端末代金の残りがあれば一括での支払いを命じられてしまいます。

 

こうなると借り入れを利用するのも非常に難しく、どうしようもない事態に陥ってしまうことも多いです。携帯の支払いも信用情報に記載されるので、少しでも携帯料金を節約して負担にならないようにしておくとよいです。だいたい8千円くらいの支払いならばまだ良いですが、2万円や3万円も携帯料金で支払っている場合は、かなり使い方を見直して、もっと出費を節約できるようにしましょう。

 

銀行が忙しい時期は避けよう

キャッシングやカードローンの審査はそもそも時間がかかりますが、銀行が忙しくなる時期に審査に申し込むとそれだけ結果が遅れて出てきます。4月や5月ごろに借り入れを頼ることになりそうならば、それよりも前からキャッシングやカードローンを利用できる状態にしておきましょう。

 

カードローンは、登録しているだけで利用しなくてもよいサービスが多く、キャッシングよりは利用者の思い通りの使い方ができます。キャッシングは必要な金額だけを借り入れるというイメージが強いですが、銀行によっては両社のメリットが混ざったようなサービスも新しく作られています。審査で余計な時間を取られないように、時期にも気を付けておくとより安全な借入ができます。